メイン

就職 アーカイブ

2008年10月16日

既卒ですが就職できないとニート扱いされるので頑張ります

高校でも大学でも、卒業したのに就職してない人のことを既卒と呼ぶ。でも、この言葉、どちらかといえば大卒者のほうに使われることが多いような気も…。

しかも、あまりいい意味で使われることはない。

高校卒業して、就職できずにいる場合には適当に転職サイトでも見て、ご近所さんにも「いや、ちょっと大学受験失敗しちゃいまして…」なんて浪人生のふりでなんとかごまかしもきくので、アルバイトでもして頑張れば親も大目にみてくれる感じもあるが、大卒の場合にはそうはいかない「いやぁ。就職失敗しちゃいまして…」なんてご近所さんに言えるわけもなく、アルバイトをしていてもただのフリーター。家にいればニート扱いである。

求人情報誌などをみて応募すれども、なんとなく「なぜ、新卒で就職しなかったの?大きな企業に落ちたから、とりあえずウチに来たのかね?」なんて感じで取られるところも多いし、既卒者の書き込みなんか見ても、「就職活動厳しい」「世間の目も厳しい」なんてものばかりで、なんか、既卒って悪いことみたいに思えてきた。

まぁ、大学まで行かせてもらって就職できなかったことは十分に親には申し訳ないことなんだけれど…。
しかも、既卒は知識も経験も乏しい、というより、無いに等しいから、即戦力となる転職組に負けてしまう。

それでも、ネットで検索してみると、既卒者の派遣求人情報もチラホラあったりするから、この中で自分の希望の会社を探すしかない!

とにかく、大学卒業してもうすぐ4ヶ月。就職活動を口実にバイトもしていないから、これじゃぁ、そのうちニートって呼ばれちゃう。やっぱり、いつまでも家にいるのもよくないから、そろそろ就職して、親を安心させてあげないと。

About 就職

ブログ「石に記憶を刻もう」のカテゴリ「就職」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは外国為替証拠金取引です。

次のカテゴリは先物取引です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。