« 2008年08月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月 アーカイブ

2008年10月16日

既卒ですが就職できないとニート扱いされるので頑張ります

高校でも大学でも、卒業したのに就職してない人のことを既卒と呼ぶ。でも、この言葉、どちらかといえば大卒者のほうに使われることが多いような気も…。

しかも、あまりいい意味で使われることはない。

高校卒業して、就職できずにいる場合には適当に転職サイトでも見て、ご近所さんにも「いや、ちょっと大学受験失敗しちゃいまして…」なんて浪人生のふりでなんとかごまかしもきくので、アルバイトでもして頑張れば親も大目にみてくれる感じもあるが、大卒の場合にはそうはいかない「いやぁ。就職失敗しちゃいまして…」なんてご近所さんに言えるわけもなく、アルバイトをしていてもただのフリーター。家にいればニート扱いである。

求人情報誌などをみて応募すれども、なんとなく「なぜ、新卒で就職しなかったの?大きな企業に落ちたから、とりあえずウチに来たのかね?」なんて感じで取られるところも多いし、既卒者の書き込みなんか見ても、「就職活動厳しい」「世間の目も厳しい」なんてものばかりで、なんか、既卒って悪いことみたいに思えてきた。

まぁ、大学まで行かせてもらって就職できなかったことは十分に親には申し訳ないことなんだけれど…。
しかも、既卒は知識も経験も乏しい、というより、無いに等しいから、即戦力となる転職組に負けてしまう。

それでも、ネットで検索してみると、既卒者の派遣求人情報もチラホラあったりするから、この中で自分の希望の会社を探すしかない!

とにかく、大学卒業してもうすぐ4ヶ月。就職活動を口実にバイトもしていないから、これじゃぁ、そのうちニートって呼ばれちゃう。やっぱり、いつまでも家にいるのもよくないから、そろそろ就職して、親を安心させてあげないと。

2008年10月17日

マンションなど不動産の価格設定について

基本的に土地売買などの不動産の売却は売主が価格を設定する「売主希望価格」であるのが一般的です。

しかし、実際に土地売買しようと思っても、相場がわからなければ安く設定しすぎて損をするかもしれませんし、逆に高く設定しすぎて売れないかもしれません。

それを防ぐために、不動産業者による査定というのは重要になってきます。マンション売却についても同じで、売り出しの価格を決定するのは売主になります。

不動産業者が査定して出す価格を参考にして値段を決めますが、だいたいが売主の希望よりも安い額になるので、その間をとって決める人が多いようです。特に中古のマンション査定などでは業者の査定額より少し高めの金額に設定することで、値下げしても損をすることを最小限に食い止めることができます。

そういうこともあり、実際の取引価格は最初の希望価格よりも若干安い価格で落ち着くと思っていてください。

このように、不動産会業者が査定して出す金額は、あくまでも助言だと思っていて良いでしょう。

インターネットなどを利用すると、実際に不動産業者の訪問査定を依頼しなくても、地域や物件の種類、築年数などを考慮して、マンション査定をしてくれるサービスがあります。

これはその不動産業者が実際に持っている物件などと比較したりして査定額を提案してくれるもので、無料で査定を行っているところも少なくありません。

インターネットなら、いくつかの業者に一度に見積もりを出してもらえるので、販売価格の設定に非常に便利です。

2008年10月23日

母がエステティックサロンに行きました

うちの母が、朝からなにやら浮かれている。必死に化粧をしている。なんだか、そんなにいろいろ塗っても…とは思うのだが。

玄関には、めったに下駄箱から出てこないヒールのあるサンダル。そして、一番おしゃれ(だと本人が思っている)服に着替えた。

なんだ?今日は、同窓会か?聞いてないけど…。

「今日ね、おかあさん、きれいになっていくるからね〜。驚かないでよ〜」

だって。どうやら、エルセーヌの無料体験コースに行くらしい。お友達とふたりで行って来るのだそうだ。
エステというものにあこがれていたが、若い人しか行かないところだと遠慮していたのだけれど、思い切って電話してみたら「ぜひ、体験してみてください」といわれたらしい。まぁ。普通そう言うだろうな。店は。

「きれいになったら、デパート行って、ランチしてくるから、お昼は買って食べて。千円置いておくから。夕飯はデパ地下でなんかおいしいもの買ってくるからね〜。お父さんには言ってあるから、夕方には帰ってくるから」

そういってでかけてしまった。エステ体験って、女の人は「行きたい、行きたい」ってよく言うけど、そんなにいいものなのかねぇ。

でも、おかげで昼代は千円!豪華だ。エステ万歳!


夕方、母が帰ってきた。デパートの袋をたくさん抱えて帰ってきた。
「みんなおいしそうでね。デザートまで買っちゃった」

ん?なんか、違う。確かに、母だけど…。化粧が薄い。
肌がきれいっていうか、なんか、つやがあるのが、俺にもわかる!

「顔のいろがきれいになったじゃん。効果ありなんだね」

「そう?そう?すっごい気持ちよかったのよ!ほんと、エステっていいわぁ〜。オバサンだからって、遠慮しなくていいんだって。また行きたいな。月に一度でいいから行きたい!」

こんなにはしゃいでる母をはじめて見た。そんなにいいのか?エステ。

「お父さんに相談すれば?効果ありなのは確実だし。いいんじゃない」

「そう?あなたも行けば?メンズエステっていうのもあるのよ。ほんと、気持ちいいんだから!」

いや…。俺はいいけど。そんなにいいものなのか?エステ。メンズエステってなにするんだろう。
でも、今、それを聞くと、連れて行かれそうな勢いだから、あとで自分で調べてみよう。

About 2008年10月

2008年10月にブログ「石に記憶を刻もう」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年08月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。